2020年 年末調整 実施要領

実施要領

【申告期間・方法】

■申告期間:2020年11月2日(月)~2020年11月10日(火)

     ※期限厳守でお願いします。期限を過ぎた場合、年末調整が出来ない場合がございます。

■申告方法:パソコン若しくはスマートフォンを利用して、Webにて申告

●奉行 年末調整申告書クラウド<ログイン> ←こちらをクリックしてログイン

利用者ID

社員コード・スタッフコード

パスワード

西暦生年月日8

(例1980年3月5日の場合:19800305)

 

【提出書類】

保険料控除やローン控除を受ける方、他社分の源泉徴収票がある方については証明書等の書類をご提出していただきます。

 

■提出期限

2020年11月13日(金)必着

※期限厳守でお願いします。期限を過ぎた場合、年末調整が出来ない場合がございます。

■貼付台紙

申告サイトから「年末調整申告書証明書類貼付台紙」を出力し貼付欄に金額が見えるように貼付をしてください。台紙を出力出来ない場合は、A4サイズの白紙の用紙をご使用いただき、用紙の右上見やすい箇所に氏名とスタッフコードを自書ください。

■提出方法

レターパックにて送付

レターパックを発送させていただきますので、お受け取りいただきそちらをご利用ください。

なお、レターパックにて郵送する際に必ず「ご依頼主様保管用シール」をはがし、保管してください。

また、新宿事務所周辺にて勤務されている職員(NS・フォレスト・ウエル)は本社事務所(新宿)に持参してください。

 

【新宿事務所周辺勤務者提出先】

●フォレスト勤務者・・・ステップ・アソシエイツ事業推進部(フォレスト3階)

●NS・ウエル勤務者・・ステップ・アソシエイツ事務所(ウエル3階)

●大阪中之島勤務者・・・ステップ・アソシエイツ大阪事務所 ※回収についてのご質問は大阪事務所へお尋ねください。

 

年末調整申告書クラウド入力注意点】

1.「利用ガイド」は年末調整申告書クラウドのログイン画面の下部にありますので、申告をする際に参照してください。

2.保険料控除・住宅借入金等特別控除の申告をする場合は下記選択イメージ画面で必ず選択する申告書にチェックを入れてください。

※チェックを入れずに進んでしまうと、該当の申告ができないまま、データが送信されてしまいます。

 

※年末調整申告書クラウド申告書イメージ画面

必ず提出する申告書

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 ほか

以下の申告書が含まれます。

   ・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
  [令和  2年分、 令和  3年分]
   ・給与所得者の基礎控除申告書
   ・給与所得者の配偶者控除等申告書
   ・所得金額調整控除申告書

https://ytas.obc-service.biz/Resource/img/DeclarationInformation_Blue1.png個人番号について 既にマイナンバー(個人番号)を給与支払者に提出している場合は「申告書に必要なマイナンバー(個人番号)は提出済み」にチェックを付けてください。

 申告書に必要なマイナンバー(個人番号)は提出済み 

控除を受ける場合に選択する申告書

給与所得者の保険料控除申告書

一般の生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料、地震保険料等、国民年金保険料、小規模企業共済等掛金などを支払っていて、 生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除(申告分)、小規模企業共済等掛金控除(申告分)を受ける場合に選択します。

給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」をお持ちで、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除を受ける場合に選択します。

 

3.保険料控除申告の際、生命保険料控除の『支払った保険料等』の金額の誤入力が多く見受けられます。

 控除証明書に『証明額』と『申告額』の2種類の金額がある場合は、『申告額』を入力してください。

 (12月分までの保険料を入力します。)

 

4.ご自身が配偶者の扶養に入られている方で、ご自身の年末調整申告時に配偶者を扶養に入れて申告されている方がいらっしゃいます。

 配偶者(特別)控除の申告欄では、『申告しない』を選択してください。

(例:ご主人の扶養内で勤務されており、ご主人の勤務先の年末調整で配偶者控除を受けている方)

 

※年末調整申告書クラウド申告書イメージ画面

所得情報

配偶者(特別)控除の申告   

配偶者控除または配偶者特別控除を受けることができる条件は以下の通りです。

・あなたの所得金額が1,000万円以下

・配偶者の所得金額が133万円以下(給与収入だけの場合は201万6,000円未満)

申告しない 申告する

 

5.改正に伴い、給与所得者の基礎控除申告において、本人情報画面に収入金額の入力が必要となります。

給与明細で1~10月支給の給与をご確認頂き、11~12月支給分をおおよそで足して、算出してください。

※算出する際に、給与明細の【合計項目】の『総支給額』から【支給項目】の『非課税交通費』を引いた金額を使用してください。

 

【改正点】

該当する方もいらっしゃいますので、申告前に必ず国税庁のホームページをご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。

国税庁ホームページ ↓こちらをクリックして確認↓

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index/01.htm

 

※一部抜粋

1.給与所得控除に関する改正

この改正に伴い、「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」が改正されています。 

2.基礎控除及び所得金額調整控除に関する改正

基礎控除額が改正され、合計所得金額が2,500万円を超える所得者については、基礎控除の適用を受けることはできないこととされました。

 

【お問合せ先】

ステップ・アソシエイツ株式会社 業務管理部業務管理課 

TEL:03-5909-8043  ADRESS:stepa-bm@stepon.co.jp

 

© 2020 Step Associates All Rights Reserved.